2012年11月16日

深まりゆく秋

今日は快晴 晴れ こんないいお天気の日は
家の事は忘れてお出かけしましょう くつ
鈴鹿山系の紅葉、中腹辺りが見頃でしょうか?
この2,3日冷え込んだと思ったら、
藤原岳から竜ヶ岳は真っ白でびっくりです。

IMG_8315.JPG

初冠雪になるのかなぁ。でも今日は暖かいです。
蒼滝の駐車場に車を停めて、ロープウエイの駅まで
歩いて行くと、たくさんの人で賑わっていました。

IMG_8320.JPG

↓ 御在所ロープウエイの赤いゴンドラが見えます。

IMG_8336.JPG
( クリックすると大きくなります )

山頂駅までたったの12分、あっと言う間に
山頂に着きます。御在所岳は花崗岩の山です。

↓ 麓の湯の山温泉街、今はちょっと寂れています。

IMG_8331.JPG

紅葉を見ながら、焼きたてパンとホットコーヒー 喫茶店
こんなところでのんびりするのもたまにはいいですね。

* 鈴鹿山系とは鈴鹿山脈のことで、
山仲間の間では単に鈴鹿の山といいます。

**********************

8日前に、湯の山街道から鈴鹿スカイラインへ
紅葉を見に行った時の写真ですが、あまりぱっと
しないのでアップするのを考えていました。
たったの4枚だけですが、ご紹介を兼ねて カメラ

IMG_8182.JPG

IMG_8190.JPG

IMG_8195.JPG

↓ 最後は滋賀県側のダム近くの紅葉です。

IMG_8197.JPG

posted by 花かんざし at 19:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

福王山 ( ふくおうざん )

昨日11月13日の続きです。

福王山は598mの低山ですが、独立峰で、
中腹に古い歴史がある福王神社があります。
毘沙門天や猿田彦が祀られていて、商売に
御利益があるといわれ、縁日やお正月には
賑わうようです。でも何もない時は静かで
福王山に登る人は普段はほとんどいません。
山頂近くに奥の院があるというので、昨日
初めて登ってみました。まずは福王神社に
お参りしてからです。杉の古木が多いです。

↓ 福王神社は千年の歴史があります。

IMG_8291.JPG

↓ フクオウソウの説明です。

IMG_8287.JPG

( 福王山で初めて発見されたので福王草と名付けられた。)

↓ 奥の院参道はとても歩きにくかったです。

IMG_8288.JPG

( 山頂近くになると急登でかなりきつい )

↓ 奥の院は小さな祠でした。

IMG_8289.JPG

奥の院でお参りしてから山頂を探しましたが、
下調べがしてなかったので山頂には辿り着けず。
すぐ近くまで行ってたようですが、分かり難い
ところで、展望はほとんどなく、標識もない。
でも何とか道に迷わず、神社まで戻れました。

*************************

スカイラインで紅葉の写真をたくさん撮ったのに
まだ整理が出来ていません。昨日もたくさん花の
写真を撮ったけど、またほとんどボツになりそう ふらふら
ヤマジノギク、ノコンギク、リュウノウギクなどの
キク科の花が元気で、たくさん咲いていましたよ。

posted by 花かんざし at 11:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

ヤマジノギクの筒咲き

今日はヤマジノギクの観察に行きました。
今までヤマジノギクだと思ってはいても
異冠毛かどうか確かめた事がありません。
まだ花が咲いているのでもう少し先の方が
いいのかも知れませんが、頭花をひとつ
ばらしてみると、思った通り異冠毛でした。
長い冠毛と、極端に短い冠毛がありました。
ところが、筒咲きの方は異冠毛じゃない!
筒咲きの舌状花の冠毛は極端に短くなくて、
筒状花の冠毛よりほんの少し短いだけ exclamation&question
ということはこれってツツザキヤマジノギクと
同じ?今日も筒咲きを2株見つけたので、
これから筒咲きの観察をするのが楽しみわーい(嬉しい顔)

↓ 今日見つけた筒咲き

DSC_0005.JPG

DSC_0010.JPG

DSC_0053.JPG

ツツザキヤマジノギクの分布域ではないので
ヤマジノギクの筒咲きとしましたが、
これがもし固定されたらどうなるのでしょう ?

***************************

周辺の秋色風景

DSC_0063.JPG

***************************

観察は午前中に終わらせて、福王神社に
お参りして、奥の院まで急な参道を登りました。
日頃の運動不足のせいでとてもきつかったです。
山頂らしきところに行ってから引き返しました。

続きはまた明日に・・・

posted by 花かんざし at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

アクア×イグニス

昨日は紅葉を見に、鈴鹿スカイラインを通り
滋賀県側まで行って来ました。紅葉は逆光で
イマイチでしたが、赤、橙、黄、茶と、緑の
コントラストがとても綺麗でした。写真は
整理してから、またアップしたいと思います。

帰り道、TVでも宣伝していたあの場所へ〜♪
お昼前とあってもの凄い人、買おうと思った
スイーツは、建屋に入るのでさえ大変そうで
買うのを早々に諦めて、外から見ただけです。

CIMG1397.JPG
後方に鈴鹿山脈が、御在所岳と鎌ヶ岳も見えます。

2012年10月23日、三重県菰野町にオープンした
複合温泉リゾート施設 AQUA×IGNIS(アクア×イグニス)

http://aquaignis.jp/

posted by 花かんざし at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

集葯雄蕊 ( しゅうやくゆうずい )

集葯雄蕊とは、ひとつの花の中で雄蕊の葯の部分が
合着して管状となったものをいい、キク科に多いです。

例えばキッコウハグマは小花が3個で分かりやすい。

kiltukou.jpg

小花が3個なので集葯雄蕊は3個、筒状花は5裂するので
白い花びらが15枚あるように見えます。可愛い花ですよね。

******************************

次は、ちょっとこだわっているコウヤボウキと
ナガバノコウヤボウキの小花の数についてです。
手持ちの図鑑5冊に載っているので纏めました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コウヤボウキ

平凡社「日本の野生植物」V PL.185 P.209
    ( 頭花には13個内外の小花があり・・・ )

原色日本植物図鑑 草本(1)5図 P.18
    ( 頭花は中に13個内外の小花があり・・・ )

山渓ハンディ図鑑 2 P.55
    ( 頭花は白い筒状花13個ほどからなる )

山渓ハンディ図鑑 5 P.488
    ( 頭花は白い筒状花が10数個集まったもの )

花のフィールド図鑑・秋 P.152 ( 記載なし )

↓ コウヤボウキの花と、ピンクと白っぽい冠毛

san.jpg

go.jpg

si.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ナガバノコウヤボウキ

平凡社「日本の野生植物」V PL.185 P.209〜210
   ( 小花についての記載はなし )

原色日本植物図鑑 草本(1)5図 P.19
    ( 小花についての記載はなし )

山渓ハンディ図鑑 2 P.55
    ( 小花についての記載はなし )

   
山渓ハンディ図鑑 5 P.486〜487
   ( 頭花は白い筒状花が10数個集まったもの )

   
花のフィールド図鑑・秋 P.153
   ( 小花についての記載はなし )

*山渓ハンディ5の「頭花は白い筒状花が10数個集まったもの」
  というのは正しいのでしょうか?私はこれは疑問に思います。
 私が見たのは5〜6個、検索しても10個以上は出ませんでした。

↓ ナガバノコウヤボウキの花と冠毛

iti.jpg

ni.jpg

*******************************

集葯雄蕊の話しからちょっとそれてしまいましたが、
頭花の小花数は集葯雄蕊を数えればいいのですよね ?

コウヤボウキとナガバノコウヤボウキは花期が違うし、
花が1年枝につくか2年枝につくか、枝の先だけにつくか
枝の途中にもつくか。冬芽もちょっと違うようなので
観察すると面白そうですよ。寒い冬も気にならない !?

posted by 花かんざし at 10:06| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

里山を歩く_2

昨日は鈴鹿山脈が遠くに見えている
このような里山の道を歩いてきました。

DSC_0095.JPG

ヤマジノギクの花がたくさん咲いていました。

DSC_0039.JPG

IMG_8072.JPG

白っぽい(ほとんど白色の)花を見つけました。

DSC_0038.JPG

DSC_0026.JPG

IMG_8078.JPG

ヤマジノギクはヤフーブログに1〜4まで掲載し
もうこれ以上は無理だとこちらにアップしました。

ツタはもう紅葉し、花も果実も見られません。
ネナシカズラは葡萄の房のような果実がついて
いましたが、まだ完全に熟していませんでした。
もう半月ぐらいしたらまた観察に行きたいです。

posted by 花かんざし at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

里山を歩く_1

今日は里山の川近くの道を歩いてきました。
道の両側にノコンギクなどの花が咲いています。

DSC_0046.JPG

遠くに鈴鹿山脈が見えます。

DSC_0094.JPG

ヤマジノギクもたくさん咲いています。

DSC_0042.JPG

初めて見つけた筒咲き?です。

DSC_0035.JPG

ツツザキヤマジノギクは分布が長野県と
されているので、ヤマジノギクの筒咲きで
掲載しようと思います。キダチコンギクと
野生化したフサフジウツギを見つけました。

posted by 花かんざし at 19:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

フジバカマの仲間

野生のフジバカマは絶滅危惧種なので、滅多に
見られないらしい。植物園でなら見られるかも。
わが家にあるのはフジバカマの名で流通している
サワフジバカマ ( サワヒヨドリ×フジバカマ ) と

DSC_0003.JPG

斑入フジバカマ( 咲いている状態で撮ろうとしたら
風がきつくて撮れないので、枝を切りました。 )

DSC_0022.JPG

どちらも葉が乾燥するといい香りがします。
フジバカマの仲間だと言う証拠ですね。

posted by 花かんざし at 14:50| Comment(0) | 植物の観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

里山の田んぼへ

今日は市内の里山の田んぼで植物の観察をした。
休耕田にハンノキがたくさん生えていて、その周辺に
サクラタデがたくさん咲くところがある。今年も
たくさん咲いていた。その一角に、ヌマダイコンが
生えているはず、思ったところにたくさん咲いていた。

IMG_8008.JPG

今日は花ではなく、そう果の観察をする。ルーペで
見ると表面はデコボコしている。やはりヌマダイコン。

IMG_8012.JPG

↓ 先日のオカダイコンのそう果と比べてみる。
  ( そう果を少し採取した )

IMG_8030.JPG

写真はピンボケばかりではっきり写っていない。
オカダイコンのそう果の方が少し黒っぽい?

↓ サクラタデ ( 奥にはミゾソバが群生 )

IMG_8017.JPG

ヌマダイコンの近くにはオギノツメもたくさん
生えていた。この里山から別の里山に移動したら
グラウンドに人がいっぱい、今日は親子運動会
だって。散策路を周っても、ノササゲの紫色の
実はひとつしか見つけることが出来なくて残念。

posted by 花かんざし at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

溜池めぐり

今日は3つの溜池めぐりをした。
そのうちホシクサとクロホシクサが
あるはずの溜池は水が引いていない。
またがっかり、来年は大丈夫かなぁ。
残り2つの溜池の周囲を歩いたので
疲れた。でも初めてオカダイコンと

IMG_7963.JPG

シマニシキソウ(多分)を見つけた。
(これはシマニシキソウではないようです)

IMG_7988.JPG

( ↑ オオニシキソウにピントが合っている )


それからアサザは2年前よりずっと
増えていた。黄色い花が綺麗だった。

IMG_7956.JPG

****************************

おまけ

IMG_7961.JPG

IMG_7960.JPG

IMG_7962.JPG

いつか高校生レストラン「まごの店」で
お昼ご飯を食べたいな。TVドラマ見た ?

posted by 花かんざし at 19:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。