2010年08月21日

コケオトギリと謎のヒメオトギリ属

ヒメオトギリの記事を書いたとき、ヒメオトギリでも
コケオトギリでもない、謎のヒメオトギリ属のことに
触れたので、今日は以前に撮った画像を引っ張り出し、
分かっている特徴などを少し書き込んでみました。

↓ まずは、コケオトギリ

koke.jpg

↓ 次は、謎のヒメオトギリ属

nazo.jpg

ちょっと見づらくなってしまいましたが、ヒメオトギリでも
コケオトギリでもないことがこれで分かるでしょうか・・・?
posted by 花かんざし at 14:33| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

ヒメオトギリ

連日の猛暑のなか、里山歩きでちょっと疲れぎみです。
もちろん短時間で切り上げているんですが、この時期に
しか咲かない花を見逃すとまた来年ってことになるので
つい無理もしてしまいます。今日は、タヌキモを探して
水田周辺を歩きました。でも昔たくさんあったという
ところには、見当たりませんでした。やはり絶滅か?

その代わり、そこでもヒメオトギリの花を見つけました。

CIMG9863.JPG

CIMG9864.JPG

ヒメオトギリで検索すると、こちらのものと違うものが
たくさん出てきます。その中には明らかに雄しべの数が
10本もないようなものや、苞葉が線形でないものも・・・

↓ ヒメオトギリの雄しべは10〜20本、苞葉は線形

CIMG9867.JPG

ヒメオトギリの花径は約1cm、何度撮っても綺麗に撮れない。

三重県北部の田んぼ周辺や湿地では、ヒメオトギリでも
コケオトギリでもない、葉に黒点のないヒメオトギリ属が
たくさん生えています。例えば雄しべは10本未満なのに
苞葉は線形といったような、花の直径はヒメオトギリより
明らかに小さくて3分の2ぐらい、花色はコケオトギリに
近いです。湿地にもヒメオトギリと並んで生えているので、
大きさや花色の違い、雄しべの数の違い、苞葉の形の違い、
比べてみると明らかに違うけど、写真では分かりにくいです。
posted by 花かんざし at 16:01| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

里山観察

里山を歩くのは大好きなんですが、この暑さではちょっとね・・・
でも気になっていたムカゴニンジンの花の様子が知りたくなって、
出かけてきました。昨年の秋、旦那が見つけたムカゴニンジンの
生える場所は里山の林縁の草むらですが、あ〜ぁ、やっぱり、
草刈りされていました。でもたくさん残っていたので、ちょっと
ほっとしました。花はまだまだで、蕾らしいものも見えません。

↓ このようなところに、ムカゴニンジンが生えていました。

CIMG9756.JPG

休耕田の水路脇に、ヒメオトギリの可愛い花が咲いていました。
花色は淡黄色、花径は1cmほどと小さく、雄しべは10〜20本です。

↓ 里山の田んぼ近くや湿地でよく見るヒメオトギリに今年も会えたるんるん

CIMG9766.JPG

もの凄く暑かったけど、もうひとつの里山にも行ってみました。
そこにも気になっている植物が・・・でもまだ生えていませんでした。
また出直しですね。昨年は草刈りされていた土手で、ニガナに
似た花をつけ、背丈ほどもある植物を見つけました。これは何〜?
写真を撮って、図鑑で調べると、ヤマニガナ(アキノノゲシ属)の
特徴とぴったり合っています。でもあそこは、山地ではないよな〜
ネット検索で里山で見たという情報を得たので、ちょっと安心・・・

↓ たぶんヤマニガナ(だと思う)、近くヤフーブログにアップ予定

CIMG9791.JPG

里山の田んぼ周辺は暑いです、風が全然通らないので暑いのです。
観察したい植物があるので仕方なく行きますが、家にいても暑いし、
どこにいても暑いので、無理しない程度に、里山観察しましょ〜

posted by 花かんざし at 19:52| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

山麓へ・・・

今日の午後、お盆休みで帰省していた二男が帰りました。
見送ってからヤブデマリの果実を探すため山麓へ行ったのに
着いた途端ポツポツ降っていた雨が土砂降りになり、雷まで
鳴る始末・・・なんで雨が降るん?雨は予想していなかった!
土砂降りの雨の中、ヤブデマリを探したのに分からなかったあせあせ(飛び散る汗)

前回に見つけた赤い果実はゴマギでしたが、
今日はガクウツギの若い果実を見つけました。
果実は刮ハで、直径2.5mmほどの球形、熟すと
花柱の間で裂開すると図鑑には記載されています。

CIMG9751.JPG

花柱が3〜4本(もしかしたら、3〜4裂?)残っていて
ちょっと面白い形をしてる^^ これも初めて知ったことです。
野山に出ればいつも何か新しい発見があり、感動しています。

posted by 花かんざし at 16:59| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

自然観察

あまりにも暑いのでどこにも出かける気にはなれないのですが...
山麓に湧水を汲みに行くことにしたので、そのついでにちょっと
一昨年に初めて見つけたヤブデマリの果実の下見に行きました。
ところが撮ってきた画像を見て、???になってしまいました。
どう見てもヤブデマリの果実ではない〜?それで今日、図鑑を
片っ端から捲って、やっとバイカウツギの若い果実であることが
分かりました。でも、何だかキツネにつままれたみたいです。
一昨年に見たヤブデマリの花は間違いがないので、近くにあった
赤い果実をてっきりゴマギだと思い込んだのがいけなかったのか、
また近いうちに行ってきちんと調べてこなくては気がすみません。
滅多に行かないところですが、あんなところにバイカウツギが
2本も生えているなんて思ってもいなかったので、とても嬉しい
発見になりました。もうひとつ、新発見!アオツヅラフジの葉の
形には、かなり変異が多いということが分かりました。

↓ バイカウツギの若い果実

IMG_0003.JPG

↓ アオツヅラフジの葉の形にもいろいろあるようです...

IMG_0009.JPG

↓ ふつうよく見るのはこんな形ですよね(若い果実がついていた)

IMG_0011.JPG








posted by 花かんざし at 14:19| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

カギカズラ

3日も4日も雨が続くと、どこにも出かけられず嫌になってきます。
今日は少しだけ薄日が差してきたので、思い切ってカギカズラの花を
見るために出かけました。たくさん生えているところがあるのですが、
残念ながら花はもう咲き終わっていました。また来年ですね・・・

CIMG9279.JPG

今日はしっかりカギ(鉤)を撮ってきましたよ^^

CIMG9280.JPG

綺麗に咲いていたシタキソウがばっさり刈られていました。
奥の方にまだ少し咲き残っていましたが、残念です。
posted by 花かんざし at 16:46| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

里山歩き

近くの里山へ、苦手なシダ植物の観察に行きました。
出会ったおじさんやおばさんに、「シダ?」とちょっと
変な顔をされてしまいました。怪しい人に見えたかも?
里山の集落の奥には、小さな田んぼがたくさんあります。
その田んぼ周りをぶらぶらと歩いてシダを探しました。
初めて見るシダはなかったけど、アマクサシダの幼体が
たくさん生えていてびっくり、コモチシダもたくさん!
この辺りにというところに、トウカイコモウセンゴケも、
暖かくなってきたので、新しい葉っぱがもうすぐ出そう、
こんな切り立った崖にくっついているのが信じられない。

↓ 真ん中辺りの赤い物体?が、トウカイコモウセンゴケ

CIMG7227.JPG


posted by 花かんざし at 16:02| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

紅葉

鎮守の森で見た見事な紅葉です。

CIMG6796.JPG

日本武尊の笠と杖をご神体としてお祀りしている
加佐登神社にもお参りしてきました。静かでした。

posted by 花かんざし at 21:20| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

紅葉

今年は紅葉のいちばんいい時に
見に行くことが出来なかった...

CIMG6743.JPG

それでも少しだけ残った美しい紅葉と
ヤブツバキの赤い花、赤い果実と黒い果実、
山道を歩いているとかすかに香ばしい香り、
それは積もった落ち葉からのもの...

CIMG6690.JPG

コナラの大きな木にキヅタとテイカカズラが
這い上がっていた。ツルグミも見つけた...

今日は山道を歩くと暑いくらいのいい日だった。
心も体もリフレッシュ、自然って素晴らしい...



posted by 花かんざし at 19:02| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

イヌセンブリの群生地発見!

3日続けての里山歩きで少々疲れ気味なんですが、
イヌセンブリの花に出会った感動は未だに冷めず...
昨日午後からの雨で可愛い花が萎んでいるのかと
思うとちょっと残念です。昨日は遠く離れた里山の
田んぼ近くの土手で何mにも渡り小さな白い花が
咲いているのを見てびっくり、数百本はありそうです。
環境省、県RDBで絶滅危惧U類に指定されている
貴重な植物のようなので、自生地は内緒で〜す。

IMG_8166.JPG

イヌセンブリに似ていると思いましたが、初めて
見るので自信がありませんでした。それでいつも
お世話になっている画像掲示板に投稿したところ、
マツモムシさんが「イヌセンブリで間違いがないと
思います」とお答えを下さいました。

IMG_8170.JPG

センブリは何度か見たことがあるのですが、
イヌセンブリとは初めての出会いになります。
来年はムラサキセンブリを見てみたいなぁ〜




posted by 花かんざし at 14:33| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。