2012年04月28日

里山のシダ

昨日よく行く里山の公園に散歩に行きました。
昨年から観察しているシダが気になったので
様子を見てきました。そしたら意外なことに
ミドリベニシダとトウゴクシダがたくさん
生えていることが分かりました。ベニシダは
生えたばかりの葉が紅色なのでよく分かります。

↓ ベニシダ、ミドリベニシダ、トウゴクシダ

CIMG0413.JPG

↓ トウゴクシダ ( 茎の鱗片は黒褐色です )

CIMG0389.JPG

もう少し葉が展開したら、ソーラスの観察をします。

posted by 花かんざし at 12:46| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

トウゴクサバノオ

一昨日、春らしい陽気に誘われて、鈴鹿山麓をまわりました。
まずはトウゴクサバノオの様子を見に行くと咲いていました。

DSC_0006.JPG

IMG_0009.JPG

IMG_0005.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

帰り道、田光のシデコブシの様子を見に行ってきました。

CIMG0101.JPG

予想通り、シデコブシはまだほとんど咲いていませんでした。

DSC_0030.JPG

1週間から10日先ぐらいが見頃だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日もまたシダの観察に出直しましたが、
オオバノハチジョウシダで落ち着きました。

DSC_0032.JPG

よく通るところなのでまた観察に行ってみます。
小羽軸の基部表面に、突起があるのが特徴です。

posted by 花かんざし at 09:03| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

写真展と鈴鹿の山

金生水沼沢植物群落写真展を見に行った。

CIMG0003.JPG

ひとつ気になったのはイヌコウジュ、
あれはヒメジソじゃないのかなぁ?

なんでヒメオトギリとコケオトギリの
写真がないんだろう、期待していたのに。
次回の写真展には展示して欲しいなー
大好きなヒメオトギリの花を・・・

( 市役所本館1階 市民ギャラリーにて )

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はお天気がよく、鈴鹿の山々がよく見えた。

CIMG0009.JPG

こんなときに不謹慎かも知れないけど藤原方面に目がいく。
先日の雨でかなり解けたようで雪が少なくなった。
行方不明になっている方がはやく見つかりますように・・・

CIMG0008.JPG

( 市役所本館15階 展望フロアーより )



posted by 花かんざし at 11:36| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

オケラとコゲラ

今日は午後から里山の公園に歩きに行ってきました。くつ

↓ 昨年見つけたオケラの花後です。(これが撮りたかった)

CIMG0020.JPG

↓ よく似ている名前だけど、全く関係のないコゲラです。

CIMG0021.JPG

オケラはキク科の植物オケラのことですがややこしいでしょ。
コゲラはキツツキの仲間で、コンコンという音がするので気がつきました。
ただちょっと遠くだったのでコンデジで撮るのはこれが限界でした。

歩くには少し寒い日でしたが、気持ちがよかったです。
はやく暖かくなって欲しいです。春よ来い、早く来い〜

posted by 花かんざし at 18:03| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

オケラ

散歩によく行く公園でオケラを見つけました ♪
えっ?と思いましたが、間違いなくオケラです。
オケラは愛知県の里山で見たことがありますが、
まさか市内で見られるなんてびっくりしました。
調べると、かなり昔から記録がある場所でした。

CIMG0039.JPG

白花しか見ませんでしたが、10株以上はありました。
三重県は絶滅危惧種に指定されていると思います。

CIMG0040.JPG
posted by 花かんざし at 11:14| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

里山の自然

里山には自然がいっぱい残っています。
3日前に、里山にある田んぼ周辺に
チョウジタデを探しに行って来ました。
思った通りたくさん生えていましたが、
なんだか花が綺麗に開いていません。
とりあえず、上から全体を撮りました。
↓ 割と大きな株で、高さ50cmほどです。

IMG_0044.JPG

30cm 位のチョウジタデがいっぱい
生えていたので、来年が楽しみです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓ ヌマダイコンがたくさん・・・

CIMG0023.JPG

↓ オギノツメもいっぱい・・・

CIMG0016.JPG

↓ ヒメクグもあぜ道にぎっしり・・・

CIMG0011.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

刈り入れの終わった田んぼは水田雑草の宝庫です ♪
まだちょっと暑いけど、水田雑草に会いに行きたい。

今日は里山にある自然公園でクリを拾って、夕飯は
栗ご飯の予定です〜自然の恵みを頂きます。感謝 ♪

CIMG0015.JPG

今日は栗を拾っていて、ヒメミカンソウを見つけた。
公園で初めてタチスズメノヒエを見つけてびっくりー(長音記号1)

posted by 花かんざし at 14:35| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ヒレタゴボウの不思議

里山の田んぼ周辺にヒレタゴボウがたくさん生えています。
この田んぼ周辺ではチョウジタデは見られず、帰化植物の
ヒレタゴボウがなぜかうじゃうじゃと生えていて不思議です。

CIMG5678.JPG

ところでこのヒレタゴボウと在来のチョウジタデは、よく
似ているものがいくつかあるので写真だけでの判別は
難しいです。でもヒレタゴボウは花径2〜3cmで大きく
遠くからでも目立ちます。花弁には葉脈状の筋があり、
茎から葉の基部にかけて鰭があり、刮ハの形に特徴が
あるので、他のものと見間違うことはないと思います。

↓ 今日はこの鰭の写真を撮るのと・・・

CIMG0016.JPG

↓ 雄しべの数を確かめるのが目的でした。

CIMG0009.JPG

↓ 雄しべの数は写真では分かりませんが・・・

CIMG0029.JPG

花の直径は約3cm、花弁に葉脈状の筋がある、刮ハの形、
茎から葉の基部にかけて鰭がある、総合的に判断しました。

平凡社「日本の野生植物」に雄蕊は8個と記載されています。
葯がたくさんあるのは分かるのですが、花粉が出てしまうと
葯の数や花糸の数がルーペでも見にくくなり、写真に撮って
数を確認するのは、とても難しいということが分かりました。
また雄しべが4個に見えるものがあり、これも変異の内かと
思って葯部分を触ってみると、なんとふたつの葯がくっつき、
花糸が2本見えたので、花粉を出す前の状態では雄しべが
4個に見えることもあるということが分かりました。それで
ネットなどでいろいろ調べたのですが、雄しべの数のことに
触れたサイトは探せませんでした。不思議なヒレタゴボウの
花の雄しべの構造など、観察を続けていきたいと思います。

posted by 花かんざし at 12:58| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

堤防の土手

午前中ちょっと堤防の土手道を歩いてきました。
探している植物はとうとう見つからず、諦めて
帰る途中、ふと見ると見覚えのある黄色い花が、
よく見るとやっぱりクサレダマです。その下にも
たくさん生えていて、何株あるのか分からないぴかぴか(新しい)
2007年の7月に初めて見つけてからもう4年
経っているので、こんなに増えたのでしょうか?

CIMG3954.JPG

クサレダマは、三重県RDBで絶滅危惧IB類に
指定されているので、貴重な植物のようですね。

CIMG3966.JPG

それにしても今日は暑かった。探している植物は
スズサイコなんですが、そう簡単に見つかる訳が
ないですね。クサレダマはまだほとんど蕾だった
ので、また花の写真を撮りに行きたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山野の湿地などに自生するクサレダマが、どうして
こんなところに生えているのか不思議に思ったので
調べてみました。市では1960年代に記録された。
標本は今は残っていないだろうということ、それが
最初で最後だという記載があります。ということは
私が発見したものが本当にクサレダマだとすると、
半世紀ぶりの発見だということになります。が・・・
クサレダマの母種であるセイヨウクサレダマという
ものが帰化しているようなのです。他に北米原産で
アメリカクサレダマというものまであるようですが、
アメリカクサレダマは葉腋に花が単生するようです。

クサレダマとセイヨウクサレダマの違いはな〜に?
クサレダマの茎には、短い腺毛と軟毛が生えている。
セイヨウクサレダマの茎には、腺毛はあるが軟毛は
ない。他にはよく分かる違いはないのでしょうか?
今月は植物観察会があるので、K先生に報告しよう。
もしセイヨウクサレダマだったら、どうしよう〜あせあせ(飛び散る汗)
恥をかく前に、近日中に、ルーペで確かめてきます。

【追記】クサレダマの茎に腺毛と軟毛があるというのは
間違いで、腺毛のみがあるというのが正しいようです。
平凡社の図鑑以外では、軟毛があるという記載はなく、
10倍ルーペで腺毛は確認できたが軟毛は確認できず、
同定結果はやはり、クサレダマでOK ということでした。
posted by 花かんざし at 13:06| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

開花していました。

もう咲いているかと思い何度も見に行ったのですが、
花はこちらの都合に合わせて咲いてくれませんよね。
何度もがっかりしたけど、昨日は開花していました。
旦那に仕事が入ったので、1週間ぶりになりました。
でも花は待ったなしなんです、少し遅かったものも。

↓ バイカウツギは昨年2株、今年も2株見つけました。

CIMG3835.JPG

自生のバイカウツギは初めて見ましたが美しい花でした。

CIMG3816.JPG

↓ ウリノキの花、少しだけ開花していたのでよかったです。

CIMG3853.JPG

↓ セイヨウイボタノキ改め、中国産のイボタノキ(だそうです)

CIMG3876.JPG

よく分からないけど、チャイニーズ・プリベット?

CIMG0059.JPG

鈴鹿山系ふたつの山から自然公園へと忙しかったのですが、
とても楽しくて充実した一日でした。ヤマビルにびっくり仰天!
posted by 花かんざし at 12:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

植物の観察に・・・

朝からかなり降っていた雨がお昼前に止んだので、
思い切っていつも行く公園に植物観察に行きました。
アオハダの花とキハダの花を撮ることが出来ました。
セイヨウイボタノキは日蔭のせいか蕾だったので、
また1週間後ぐらいに出直すことにしました。

アカシデの果穂は初めて見ましたが面白いですね。

CIMG3287.JPG

クロミノニシゴリの白い花が満開でした。
花より先に目に入ったのが、↓ の幼虫です。

CIMG3232.JPG

よく見るんだけど、はて何の幼虫だったかな?
調べてみたら、クロミノニシゴリやサワフタギを
食草とするシロシタホタルガの幼虫のようです。
シロシタホタルガって蛾、見たことありますよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今月末も忙しい。セイヨウイボタノキでしょ、
クワガタソウ、カラタネオガタマ、アオダモ、
バイカウツギ、シナサワグルミの花の観察に・・・
明日は、伊勢方面にちょっと遠出の予定です。
posted by 花かんざし at 20:02| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。