2014年03月29日

キスミレに逢いに・・・

今日は早朝に家を出て、愛知県東部に
行きました。キスミレの花に逢いに・・・
駐車場で隣に車を停めた方にそれとなく
尋ねると、「私も行くからご一緒に」と
キスミレの自生地まで案内して下さった。
もうひと組のご夫婦と一緒に・・・
キスミレは思ったよりたくさん咲いていて
小さくて可愛いスミレだなぁと思った。

DSC_0009.JPG

IMG_0005.JPG

IMG_3636.JPG

それからカタクリが咲くところも教えて
頂いて、感謝、感激で、丁寧にお礼を。

DSC_0026.JPG

DSC_0031.JPG

↓ シュンランも3株見つけた。

DSC_0030.JPG

もう帰ろうかと思った時、何か心残りが。
そう、稜線で見つけたマキノスミレが蕾で
何となく気になっていたので、あっちに
少し行って見よっと覗くと、あれ?これって
マキノスミレじゃない?そうだよ、これだ!

DSC_0042.JPG

DSC_0068.JPG

嬉しかった。キスミレとマキノスミレに
出逢えて、今日は何ていい日なんだろう 手(チョキ)

****************************************

稜線の近くでタチツボスミレだと言って写真を
撮っている方たちがいましたが、花色や葉形は
ニオイタチツボスミレに見えます。もしかしたら
これは、花茎に毛がないタイプでしょうか?

DSC_0024.JPG

帰り道、ミツバツツジ(またはその仲間)が
山道の両側に綺麗に咲き、トンネルのようでした。

IMG_3669.JPG

posted by 花かんざし at 22:22| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田光のシデコブシ

昨日28日は、三重県菰野町田光の
シデコブシ群落の様子を見に行きました。
見頃には少しはやくてちらほらでした。
1週間ぐらい先が見頃だと思います。

↓ 一部こんなに綺麗に咲いています。

DSC_0006.JPG

↓ 別の株の花です。

DSC_0025.JPG

IMG_3587.JPG

里山を歩くのは楽しい。ヒメオドリコソウ、
ホトケノザとミチタネツケバナの絨毯、
どこかでウグイスがホーホケキョと鳴き、
シデコブシが咲き始めるこの季節が好きです。

DSC_0010.JPG

DSC_0038.JPG

posted by 花かんざし at 21:08| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

リュウノウギク

11月13日に撮った写真です。

里山の土手で見つけたリュウノウギクには
舌状花が細長いタイプと短いタイプがありました。

DSC_0066.JPG

↓ 細長いタイプ

IMG_8277.JPG

↓ 短いタイプ

IMG_8279.JPG

どちらもリュウノウギクだと思うのですが、
総苞などの観察をしていないのでたぶん?です。
また行って、総苞と総苞片を撮ってきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前に伊吹山で見たリュウノウギクに似た花は、
ワカサハマギクの可能性がある事が分かりました。
手持ちの伊吹山ポケット図鑑にワカサハマギクは
載っていないので、ずっとリュウノウギクだと
思っていました。折を見て訂正したいと思います。

↓ 伊吹山のワカサハマギク

http://blogs.yahoo.co.jp/chamomile_thyme_3/63139667.html  

posted by 花かんざし at 10:10| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

ヤマジノギクの筒咲き

11月13日に撮影した写真の整理がまだでした。ふらふら
ヤマジノギクの筒咲きはヤフーブログに2タイプを
掲載しましたが、実はもう2タイプ見ているんです。

↓ これは小さな株で、花径は約3cmでした。

DSC_0025.JPG

IMG_8238.JPG

↓ これはちょっと変なヤマジノギク

DSC_0035.JPG

( 筒咲きに移行中? )
DSC_0039.JPG

***************************************

次回はリュウノウギクの予定です。

posted by 花かんざし at 17:32| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

集葯雄蕊 ( しゅうやくゆうずい )

集葯雄蕊とは、ひとつの花の中で雄蕊の葯の部分が
合着して管状となったものをいい、キク科に多いです。

例えばキッコウハグマは小花が3個で分かりやすい。

kiltukou.jpg

小花が3個なので集葯雄蕊は3個、筒状花は5裂するので
白い花びらが15枚あるように見えます。可愛い花ですよね。

******************************

次は、ちょっとこだわっているコウヤボウキと
ナガバノコウヤボウキの小花の数についてです。
手持ちの図鑑5冊に載っているので纏めました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コウヤボウキ

平凡社「日本の野生植物」V PL.185 P.209
    ( 頭花には13個内外の小花があり・・・ )

原色日本植物図鑑 草本(1)5図 P.18
    ( 頭花は中に13個内外の小花があり・・・ )

山渓ハンディ図鑑 2 P.55
    ( 頭花は白い筒状花13個ほどからなる )

山渓ハンディ図鑑 5 P.488
    ( 頭花は白い筒状花が10数個集まったもの )

花のフィールド図鑑・秋 P.152 ( 記載なし )

↓ コウヤボウキの花と、ピンクと白っぽい冠毛

san.jpg

go.jpg

si.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ナガバノコウヤボウキ

平凡社「日本の野生植物」V PL.185 P.209〜210
   ( 小花についての記載はなし )

原色日本植物図鑑 草本(1)5図 P.19
    ( 小花についての記載はなし )

山渓ハンディ図鑑 2 P.55
    ( 小花についての記載はなし )

   
山渓ハンディ図鑑 5 P.486〜487
   ( 頭花は白い筒状花が10数個集まったもの )

   
花のフィールド図鑑・秋 P.153
   ( 小花についての記載はなし )

*山渓ハンディ5の「頭花は白い筒状花が10数個集まったもの」
  というのは正しいのでしょうか?私はこれは疑問に思います。
 私が見たのは5〜6個、検索しても10個以上は出ませんでした。

↓ ナガバノコウヤボウキの花と冠毛

iti.jpg

ni.jpg

*******************************

集葯雄蕊の話しからちょっとそれてしまいましたが、
頭花の小花数は集葯雄蕊を数えればいいのですよね ?

コウヤボウキとナガバノコウヤボウキは花期が違うし、
花が1年枝につくか2年枝につくか、枝の先だけにつくか
枝の途中にもつくか。冬芽もちょっと違うようなので
観察すると面白そうですよ。寒い冬も気にならない !?

posted by 花かんざし at 10:06| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

ジャコウアゲハの幼虫

三重県南部に生えるオオバウマノスズクサ(広義)の
果実の様子を見に行ったら、ギョッ、ギョッ!いっぱい
あった果実は僅かになり、おまけに虫に喰われてこの
有様です。葉裏についていた変な幼虫が何か分からず、
家に帰ってから画像を見ると同じ変な幼虫がいるやん!

IMG_6362.JPG

検索して調べてみると、やはりジャコウアゲハの幼虫!
あの辺でジャコウアゲハは見たことがないので?です。
そう言えば、前回見たとき葉裏に橙赤色の小さな卵が!
あれがジャコウアゲハの卵だなんて知らんかったゎ--

↓ は大丈夫ですが、熟すタイミングが分かりません。

IMG_6364.JPG

↓ 別の株を見に行ったら、こちらは大丈夫でした。

IMG_6367.JPG

また1ヶ月後ぐらいに見に行ってみますが、不安だナァ。
今日はがっかりして帰った日でしたが仕方がないですね。

posted by 花かんざし at 20:12| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

公園に咲く花たち

7月に入ってから、2日と8日に公園に散歩に行った。

ノアザミとオカトラノオの花がたくさん咲いていた。

↓ ノアザミ

CIMG0848.JPG

CIMG0850.JPG


↓ オカトラノオ

CIMG0853.JPG

*****************************

オケラとミミズバイには蕾がたくさんついていた。

↓ オケラ

IMG_0037.JPG


↓ ミミズバイ

IMG_0005.JPG

ミミズバイの花は咲き終わりしか見ていないので
今年こそは綺麗に咲いているところを見たいと思う。

公園にはまだ自然がたくさん残っているので嬉しい。

posted by 花かんざし at 09:06| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

タンザワウマノスズクサ

早朝から遠出して、シロバナクサナギオゴケの
花を見てきました。もうひとつの見たかった花は
見つけられませんでした。その帰りに立ち寄った
湿地の近くで、タンザワウマノスズクサの花を
また見ることが出来ました。今度はピンボケでは
なかったけど、あまり綺麗な状態ではないのです。
果実を撮るつもりが、果実は熟さず(受粉せず)
小さいままでした。でも花の方が嬉しいですよ。
写真を整理していてよく見たら、なんとネザサに
絡みついていますよ。花を見つけたのは私です^^

IMG_6277.JPG

タンザワウマノスズクサは前はオオバウマノスズクサと
されていましたが、今はオオバの変種とされています。

DSC_0041.JPG

posted by 花かんざし at 22:06| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

オオバウマノスズクサ(広義)の果実

昨日はオオバウマノスズクサ(広義)を見に行きました。
思った通りたくさんの果実がついていたのでまた行って
6つに裂開している果実(刮ハ)の写真も撮りたいなぁと
思いました。でもいつ頃行けばいいのか分かりません。

IMG_6163.JPG

↓ これは別の株の果実です。

IMG_6158.JPG

↓ これもまた別の株の果実です。

IMG_6161.JPG

************************

昨日はとっても嬉しい日になりました。
イヨカズラとハマボッスを見つけたんです。
花は少し遅かったかなって感じでしたが、
初めて出会えたことに感謝、感激です。
まさかあんなところに何気なく咲いている
なんて!こういう出会いがとても嬉しい ♪

posted by 花かんざし at 10:21| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

イシモチソウの花

某公園に、イシモチソウ、キササゲなどの
花の様子を見に行きました。イシモチソウは
かろうじて残っていますが、遊具を設置した
せいで、激減してしまいとても残念です。

IMG_6018.JPG

↓ イシモチソウの記事
 
http://blogs.yahoo.co.jp/chamomile_thyme_3/62869874.html

キササゲは植栽されたものですが、今年は
裏年なのか花らしいものがついていません。

オケラ(キク科の植物)は何とびっくりです。
周辺の枯れた木を出すためか、酷いことに
なっています。市内ではもうここだけなのに。

でも何年越しかでやっと、カジイチゴの果実を
見ることが出来ました。刈られていなかった!

IMG_6015.JPG

posted by 花かんざし at 18:15| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。