2011年12月12日

サワフジバカマの改良種

サワフジバカマ(サワヒヨドリ×フジバカマ)の
改良種が「ふじばかま(フジバカマ)」の名前で
流通しています。今年初めて買って植えたので、
咲いた花はまだ撮っていません。果実と冠毛の
観察をするため、枯れた部分をつまんできました。

CIMG0010.JPG

果実も冠毛も薄茶色で、果実には4稜あるように
見えるがはっきりしない。中に種子が入っている
ようには見えない。結実しないのかもしれない。
冠毛は羽毛状で、果実より少し長いように見える。
総苞片の内側のものは5個で長く、外側のものは
3個で短いが長さは一定していない。葉は3裂し、
花はもう枯れているのに、いい香りがしてくる。
来年はどのくらい増えているのかとっても楽しみ。

CIMG0020.JPG

↑ それにしてもかなりのピンボケ、撮り直します。

CIMG0002.JPG

↑ 葉は深く3裂しています。

サワフジバカマの花は赤紫色だけでなく、白色もあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

押し花にフジバカマ(押し花用の乾燥フジバカマを買った)が
使ってあるのでプレハブ小屋に探しに行ったが見つからず・・・
そうだ、はやくあの押し花絵を何とかしなくてはいけませんね。
posted by 花かんざし at 13:55| 植物の観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。