2011年12月11日

アゲラタム?(は、どうも違うみたい)

実家のアゲラタムの花を少し貰おうと思ったら、
昨日切ってしまったということで、落ちていた
花を拾ってきた。萎れていたけど果実と冠毛は
分かるだろうと思った。ところが、思っていた
オオカッコウアザミではなく、カッコウアザミの
冠毛に似ている。でも総苞片には毛がびっしり、
これってどういうことだろう。アゲラタムの名で
流通しているものは、オオカッコウアザミを
改良したものらしいが、よく分からなくなった。
寒さには弱いが、ビニールをかけておくと来年も
花が咲くという。ひと株持っていく?というのを
断ってしまったが、やはり貰っておくべきだった。

冠毛は芒状?不揃いで、果実より短いように見える。

↓ 果実はまだ熟していないので薄茶色
 (果実には4稜があり、稜に短毛が少し生えている)

CIMG0005.JPG

CIMG0003.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その後アゲラタムの種袋を買ったので謎は解けました。
アゲラタムの果実(痩果)の冠毛は目立ちませんでした。
実家の「アゲラタム?」はオオカッコウアザミではなくて
カッコウアザミに近いことが分かりましたが、交配種と
いうことも考えられます。花が咲くころ観察してきます。

posted by 花かんざし at 14:09| 植物の観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。