2013年06月13日

ハッチョウトンボ

6月7日分 その2

中部の自然公園の湿地で見た
可愛いハッチョウトンボです。

IMG_0006.JPG

IMG_0004.JPG

posted by 花かんざし at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

花垣神社

6月7日分 その1

DSC_0004.JPG

DSC_0009.JPG

ナナミノキは雌株のようですが、
花はまだまだ先になりそうです。

posted by 花かんざし at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

瀧原宮

6月5日分

瀧原宮に行ってきました。
自宅を5:25に車で出て、
7:00道の駅大台に立ち寄り、
7:10道の駅木つつき館に着き、
駐車して瀧原宮にお参りします。
朝早いのに、もうお参りに
来てみえる方がいました。

DSC_0043.JPG

DSC_0046.JPG

瀧原宮が皇大神宮(内宮さん)と
縁が深い神社だと知ってびっくりです。

DSC_0001.JPG

とても静かな境内でした。

DSC_0003.JPG

↓ 右側が瀧原宮で、最初にお参りします。

DSC_0004.JPG

瀧原宮に行く目的はルリミノキの
花を見る為でしたが、お参りして
気持ちがすがすがしくなりました。

posted by 花かんざし at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

カザグルマ?

6月4日分

北部にある公園の湿地で見つけた
この花は、カザグルマでしょうか?
園芸のクレマチスでしょうか?
4株ありました。来年また、花が
咲く頃に確かめに行ってみます。
でもこの湿地にカザグルマが
自生しているなんて聞いたことは
ありません。誰かが植えたの??

DSC_0075.JPG

DSC_0060.JPG

IMG_0041.JPG

撮った写真の整理が追いつきません。
しばらくは、日にちが前後します。

posted by 花かんざし at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

熊野古道

伊勢路 ツヅラト峠道 その2

車で紀伊長島町へ行き道の駅に寄ってから
ツヅラト峠の登り口よりかなり手前で
駐車をし、林道を少し歩きました。こちらは
春に下見がしてあったので迷いませんでした。

↓ 12:10ごろ (登り口まで370m)

DSC_0136.JPG

↓ 熊野古道の旗が新しい。

DSC_0138.JPG

↓ 12:15 (登り口)

DSC_0139.JPG

↓ 石畳が多く美しい。

DSC_0142.JPG

↓ 13:10 (落ち葉が多く滑りやすい)

DSC_0156.JPG

↓ 13:15 (ツヅラト峠に着く)

DSC_0158.JPG

峠で少し休んでから、また同じ道を
戻りました。(駐車地に14:10着)

大内山からと、紀伊長島町からと、
同じ日に2度もツヅラト峠に登りました。
ふつうはこんなことをしないですよね。
ツヅラト峠道は九十九(つづら)折れで
きつくて大変だろうと思いましたが、
思ったほどではありませんでした。
でも足場が悪いところもあるので気を
引き締めて歩かないと怪我をします。
次回は、荷坂峠道を歩く予定で〜す。

posted by 花かんざし at 19:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊野古道 

伊勢路 ツヅラト峠道 その1

昨日は、ツヅラト峠道の下見に行く
つもりだったのに、もう少し
もう少しと歩いていたら、とうとう
ツヅラト峠まで登ってしまいました。
車が大内山の登り口においてあるので
仕方なく峠からまたもと来た道を
戻りました。静かな熊野古道でした。

↓ 9:10 (ここから入る)

DSC_0064.JPG

↓ 土くれの道が続く (つづら折れの道)

DSC_0097.JPG

↓ ツヅラト峠 10:15着

DSC_0104.JPG

↓ 見晴台より (紀伊長島方面が見える)

DSC_0111.JPG

10:30 ツヅラト峠に戻り、下る。
11:20 ツヅラト登り口に到着
(ここから車で紀伊長島町まで行く)

伊勢路 ツヅラト峠道 その2 に続く。

posted by 花かんざし at 15:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

イシモチソウ

食虫植物のイシモチソウは
「三重県レッドデータブック2005」で
絶滅危惧II類(VU)に指定されている。

ある所に毎年200株ほどは出ていた
イシモチソウが、踏まれるようになり
周辺はやがてつるつるになっていった。
原因は分かっていたのですぐに私たちは
管理人に対策をお願いしたが・・・
何もされず数年がたち、もう諦めていた。
昨日、旦那はイシモチソウが気になり
覗いてみると、少しだけ囲ってあったと
↓ 写真を撮ってきてくれた。

CIMG0559.JPG

でもね、今ごろ遅いですよ。
私たちは3度も管理室にお願いに
行ったのに、昨年もそのままだった。
このままではやがて市内から
イシモチソウはなくなるだろうと
悲しいやら、悔しいやら、旦那は
「何が自然保護だ!」と怒るし・・・
絶滅するまでことの重要性に
気がつかない関係者たち、そして
絶滅危惧種だろうがお構いなく盗る
マニアたち、どうしようもない。

posted by 花かんざし at 09:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。